池波正太郎も通ったという日本橋たいめいけん

たいめいけんは昭和6年創業の洋食屋さん。1階はカジュアルレストランで2階はもう少し価格の高いレストランです。

金曜日の13時15分頃行ったところ、1階は6人ぐらい待っていたので、時間が30分しかない私は2階へ行きました。時間がかかると言われたら諦めよう……。

 

2階は食事をしていたのは1組だけ。その1組もすぐに出て行ってしまったので私一人だけになってしまいました。

 

洋風小皿ランチを注文しました。

お料理がきました!

左奥のものはコーンスープで、そのまま口をつけて飲みます。隣はコールスローサラダ。このふたつがおいしかったです。

デザートはオレンジのシャーベット

お会計のときに「池波正太郎さんもいらしたのですか?」と聞くと「よくいらしてましたよ。あの先生は辛口でね」とおっしゃっていました。やはり食通と言われた池波正太郎氏はあれこれ言われたのだろうか。他のお客さんもいなかったのでもう少し色々聞いてみればよかったな。

慌ただしく食事を済ませて1時45分にお店を出たのですが、1階は数人待っている人がいました。人気がありますね。

次回は伊丹十三監督の映画「たんぽぽ」で出てきた「タンポポオムライス(伊丹十三風)」(1,950円)と名物コールスロー(50円。これだけでは注文できないようです)にチャレンジしてみたいです。卵をたくさん食べる自信がないので家族か友人と行ってシェアしようかな。

現在の三代目オーナーシェフ茂出木浩司のご著書。あのバラエティー番組などに出ている日焼けしていて「黒い人」ですね!

洋食や たいめいけん 魔法のオムレツ・フライパン オムレツだけじゃない! 老舗料理屋のオリジナル料理レシピブック付き ([バラエティ])

洋食や たいめいけん 魔法のオムレツ・フライパン オムレツだけじゃない! 老舗料理屋のオリジナル料理レシピブック付き ([バラエティ])

ABOUTこの記事をかいた人

星野陽子

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。 オンラインサロン主宰 http://yymsalon.jp/wp/