成功している人たちが話す英語とは?

 

ジーン・シモンズのMe, Inc.を読みました。politically incorrectだが…と本音で語ってくれる、稼ぐためのポイントがいっぱいの本でした! 翻訳書も出ています。

英語は平易なので、英語の勉強もしたいし、という方は英語で読んでみてください。

私は洋書はkindleで読みます。配送料や配送の時間を考えると海外のものを即時、手に入れられるのがとてもありがたいです。

本では「アメリカで稼ぎたければ英語、もちろんなまりのない英語で、できれば“mid-Atlantic” American Englishで話しましょう!」というようなことが書かれています。mid-Atlantic American Englishとは、ニュースキャスターが話す英語だということです。ジーンもTVのニュースキャスターが話すのを真似して覚えたそうです。

ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、マーク・ザッカーバーグなどたくさん稼ぐ人たちや、オバマ大統領、オプラ・ウィンフリー、ウェンディ・ウィリアムズなど白人ではない人たちで成功している人たちがmid-Atlantic American Englishを話すのは偶然ではない、とジーン・シモンズはいいます。

もちろん日本でも、外国人旅行者が急増しているので、英語ができるとできないとでは大違いです。私の行っているヘア・サロンやネイル・サロンや飲食店にも外国のお客様が増えているということです。業績のいい飲食店には英語・中国語・韓国語のメニューがあるのは偶然ではない気がします。

グローバルに活躍するビジネス・パーソンであれば、mid-Atlantic American Englishで話すのが得策かもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

星野陽子

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。 オンラインサロン主宰 http://yymsalon.jp/wp/