すべてをシンプルにして楽しい時間を増やす

「すべてをシンプルにする」(『ハーバードの人生を変える授業』から)

なんだかいつも時間に追われています。「忙しい」というのが、しばしばその人が「人気がある」とか「みんなから求められている」というような良い意味に使われている気もしています。

いやいや、そうじゃないでしょう。確かに成功している人たちに話を聞くと若い時などにすごく頑張って働いている時期がある人がほとんどです。

でもそういう時期を経てお金に余裕ができた人が時間に追われるというのは、忙しくしたい人であればいいのですが、そうでなければ、やはり考えなくてはなりません。

「すべてをシンプルにする」

物事をシンプルにして楽しいことを増やしたいと思っています。「やらなくてはならないことが山積み」という気持ちから逃れるのがむずかしいのですが、「今日はオフ」と考えて温泉に行きました。

ええ、車で十数分のところの豊島園の庭の湯なんですが(笑)。

サウナに入ったり、露天風呂でゆっくりしたり、お昼寝したりしました。

特に露天風呂はよかったです。信楽焼の一人用のお風呂に入って空を見上げると、風が背の高い木の枝の先の葉を揺らしてました。葉っぱのサワサワという音や、少しぬるっとしている琥珀色のお湯がとても気持ちいい。

(画像は庭の湯のHPからお借りしました)

すべてをシンプルにしたいものです。

ベル ご提供中のサービス(参加者募集中のイベントなど)

ベル お金リタラシーが上がるオンラインサロン「マネサロ」 (入会費なし。月会費3,000円です)

ベル 無料のメルマガ 解除は簡単にできますので、ご登録くださいませ。

ベル 星野陽子への執筆依頼、取材、お問合せ → こちらからお願いします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/