売られる別荘地「軽井沢」

売られる別荘地軽井沢、買い手なく 創業者ら遠のき…

高級別荘地の軽井沢で異変が起きているという日経のニュース。旧軽井沢などで売り物件が目立ち、なかなか買い手がつかないとのこと。

超一等地の売り手は、「東証1部上場企業の創業家や、日本を代表する旧財閥の家筋」(地元の不動産会社の営業担当者)という。東京・田園調布の一等地と同様に相続や世代交代の影響が大きいようだ。

3億、5億円といったまとまった資金を用意できる買い手が不在。そして軽井沢のブランド力が低下し、海外からの引き合いも少ないとのこと。

ブランド力が低下の理由のひとつは、2015年に指定された土砂災害警戒区域・特別警戒区域(土砂災害マップ)に軽井沢も結構入っているからではないでしょうか。レッドゾーンやイエローゾーンに指定されてしまった土地は価格が下がっています。

私は軽井沢と東京のデュアルライフを目指して、軽井沢の物件を見に行っていました。レッドゾーンやイエローゾーンに入っていないところでいくつか物件を検討していたのですが、今年(2019年)の8月の浅間山の噴火でその計画を一旦やめることにしました。自然豊かなところには憧れていますが、自然の脅威に対する恐怖の方が、今は上回っている感じです。

デュアルライフ計画は一旦はやめたものの、物件情報はまだ届くので見ていると、「価格変更」で値下げをしているものが増えてきた印象です。軽井沢は好きなので、引き続き遊びに行くつもりですし、いい物件が安く買えるのならいつか買いたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/