億万長者になるために知っておきたいこと

億万長者になりたければ億万長者について知ってみよう

著者のトマス・J.スタンリーとウィリアム・D・ダンコは1973年にアメリカ全土の億万長者を対象とした初の大規模調査を実施して『となりの億万長者』を出したがベストセラーとなりました。

(2013年の新版。データが新しくなっている)

資産、年収、職業、消費行動のタイプを調査したところ、驚くことに、億万長者はありふれた職業と家庭を持つ、あなたの隣に住むような「普通の人々」だということ!

たしかに、私が勤めていた会社でも、同じような所得なのに、資産を形成していた人たちもいたし、いつも「お金がない」と言っていた人たちもいました。年収数千万円の人たちで貯蓄がほとんどないという人たちを、私も実際に知っています。

億万長者のことを知り、マネをすることにより、億万長者になる近道をしましょう!

となりの億万長者

調査からわかった、アメリカの億万長者の平均像は次のような人です。

57歳の既婚男性で子どもが3人

億万長者の2割は引退している

現役の億万長者の3分の2は事業家や自営業者。業種はごくありふれたもの

97%は持ち家に住んでいる

80%は一代で富を築いた

収入に比べて、はるかに少ない金額で生活している

家も時計も車もごく普通のもの

教育レベルはそこそこ高い。大学を卒業しているのは8割

子や孫の教育にはかなりお金をかけている

投資には熱心

資産の2割近くは上場株や投信など流動性の高い有価証券に投資しているが、めったに売らない

30万ドル以下の住宅に住む億万長者の90%は、人生にすこぶる満足をしている

資産を築く7つの法則

1 収入よりはるかに低い支出で生活する

2 資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している

3 お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える

4 社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

5 子供たちは、経済的に自立している

6 ビジネス・チャンスをつかむのが上手だ

7 自分にぴったりの職業を選んでいる

本には億万長者の細かいデータがたくさん書かれています。また「ビジネス・チャンスを見つけよう」という章では、今後20年間に需要が急増する業種分野を予測しています。興味のある人は読んでみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

星野陽子

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。 オンラインサロン主宰 http://yymsalon.jp/wp/