国際金融公社(IFC)副総裁のネナ・ストイコビッチ氏へのインタビュー

2018年のForbesのインタビュー記事です。国際金融公社(IFC:International Finance Corporation)の途上国の女性起業家への融資はとても興味深い取り組みです。またIFC副総裁のネナ・ストイコビッチ氏も働く母親ですので、プライベートなことも聞いてみました。ぜひ読んでみてください。

「モバイル」が途上国女性を起業家に変える

男性が簡単にできる、ダイバーシティ推進のためのひとつのこと

 

英語でインタビューをし、記事を構成しました。今後はこういう仕事もやりたいと思っています。

お問合せはこちらからお願いいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/