【焼肉】平和苑

『孤独のグルメ』で取り上げられていた中野区沼袋の焼肉「平和苑」に行ってきました。

3. 中野区 沼袋のわさびカルビと卵かけご飯

井之頭五郎にとって今日は初めてづくし。沼袋という町、そして商談の相手とも初対面だ。緊張の連続で疲労困憊しながらも、何とか仕事を終えた五郎。そんな中、住宅街のど真ん中に“スタミナ一番”という、まるでオアシスのような看板を見つけるのだった…。

西武新宿線の沼袋駅の南口から住宅地を歩いていくと、焼肉という文字が見えてきました。

『孤独のグルメ』が好きな妹からおしえてもらったお店です。外観、なんだか恐ろしい(笑)。「飢る噛む!」って……。

メニュー。写真が下手ですね。ごめんなさい。

卓上にすでにキャベツが待機しています。キャベツも辛いお味噌もおいしい。

ナムル。「野菜類を先に食べておきたい派」です。

わさびカルビ(1550円) 三角(1550円)

丸(870円)。これも人気メニューだということで頼みました。これはしっかり焼いて食べます。しっかり焼いても柔らかい!

わさびカルビのお肉はサッと焼くだけでいいそうです。マスターがおしえてくれました。わさびは全然鼻にツンときません。お肉に合います!

マスターが卵を手にのせてくれました。うん、ずっしり重いです。そして、マスターは少し甘いお醤油(たれ?)をご飯にかけ、卵を入れ、混ぜてお茶碗に取り分けてくれました。まずはそのままで食べるようにと言われて卵かけご飯を堪能。その後、塩納豆を少し入れて食べると味が変わるとのことで、そうしました。

特上カルビ(1550円)ではなく普通のカルビ(750円)ですが、かなりおいしいです。

ごちそうさまでした!

名物マスターがお肉を焼きながら、焼肉屋さんの成功の秘訣とか、いろいろ話をしてくれます。お肉は私は良く焼きたいのですが、さっと焼いて、ギュッとレモンを絞って「はい、もうこれぐらいで食べて!」と言われます。さっと炙る程度のお肉は脂が甘くておいしかった!

男性の友人と行ったのですが、夫婦と思われて、「夜中に同僚や部下を連れてきても嫌な顔をしたらいけないよ。いつもありがとうございます、と言って、インスタントラーメンにネギと卵でも入れて出してあげなさい。そうしたら「なんていい奥さんを持っているんだ」と思われて旦那さんも好かれるんだから」というようなことを言われました。各テーブルにまわっていろいろな話しをしたり、ちょっとしたサービスをしたり、とても魅力的なマスターでした。

アマゾンプライムで無料で孤独のグルメを見ました。見てから行けばよかった~

ABOUTこの記事をかいた人

星野陽子

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。 オンラインサロン主宰 http://yymsalon.jp/wp/