IPOのブックで当選する方法

昨日(2019/12/2)、日経平均株価が年初来高値をつけました(今日は下がっています)。3月決算の会社の中間配当が振り込まれました。そしてSoSiLA物流リート(2979)ですが日興証券で3口申し込んだところ1口当たりました。

* IPO投資についての説明はこちら。

さてIPO投資は初値予想のサイトをいくつか見ると、公募割れしそうな株がわかりますので、初心者がリスクをあまり取らずにブックできるかと思います。問題はなかなか当たらないということです。

そこでブックで当選する方法を初心者向けに書いてみます。

1  主幹事の証券会社でブックする

主幹事には配分が多いので当たりやすいです。

2 SBI証券でIPOチャレンジポイントを貯める

SBI証券ではIPOのブックで落選をすると「IPOチャレンジポイント」が1点もらえます。これをたくさん集めると当たる確率が高くなるようです。『これはずるい! 株カンニング投資術 株で2億円儲けたカリスマサラリーマンの裏ワザ』という本には、「大体300ポイント以上あれば、当選はかなり「鉄板」になると思います」と書かれています。今、私が持っているのは143ポイント。もうそろそろ当たってもいい頃では?と思っていたのですが、まだまだですね……。もし300ポイント使って30万円の利益を得ることができたら1ポイントの価値は千円なので、ブックが面倒だと思っても一度のブックが千円になると思えばコツコツ続けられるのでは?と書かれていますが、そういう考え方であればコツコツやろうかと思えますね。

3 対面取引でブックする

対面取引だと手数料が高かったり、全然儲からない商品を勧められたりしますが、私は以前、勧められたものを買ったり、手数料をたくさん落としたりしました。担当者さんがノルマがありそうなものも買ったりしました。そこで少し損をしたとしても、配分をたくさんしてもらえれば得になるという考え方です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/