【映画】まさに「となりの億万長者」!『ハーブ&ドロシー』

以前観たハーブ&ドロシー
という映画をもう一度観たくなり
中古で購入しました。

郵便局員のハーブ・ヴォーゲルと
妻で図書館司書のドロシーの
アートコレクションの話です。

ハーブはアートが好きで働きながら
美術を学んだり、実際に作品を
作ったりしていました。

ドロシーもそんな夫を見て
「アーティストになりたい」と思い
絵を描きましたが、他のアーティストの
作品のコレクションに夢中になるように
なりました。

ハーブのお給料で生活し、ドロシーのお給料で
アートを買ったのです。

アートを買う条件は、その金額で買えて、
彼らが暮らすニューヨークの1LDKのアパートに
収まるもの。

いつしかそれらの作品は有名アーティストたちの
「ヴォーゲル・コレクション」となり
コレクターとしての夫婦も有名になりました。

ただハーブは郵便局でその話をしていなかったので
同僚たちは新聞やテレビで知って驚いたそうです。

『となりの億万長者』という本によれば
アメリカの億万長者の調査をしたところ
多くは、となりに住んでいるような普通の
人達であったということがわかりました。

まさにヴォーゲル夫妻はそんな感じの人達
です。彼らは売る目的や投資として
コレクションをしませんでしたが
コレクションに値をつけたら莫大な金額に
なっていたかと思います。

アートにはそのような可能性がありますね!

ハーブとドロシーはアートが大好きで
毎日アーティストを訪れて作品を見て
楽しみました。

またアーティストたちとの交流も
とても楽しんでいるようでした。

映画にはロバート・バリー、リンダ・ベングリス、
クリストとジャンヌ=クロード、チャック・クロース、
ソル・ルウィット、マンゴールド夫妻、
ルチオ・ポッツィなど有名アーティストも
登場しています。

ヴォーゲル夫妻はヴォーゲル・コレクションを
アメリカ内のいくつかの美術館に寄贈しました。

ハーブとドロシーの人生はとても豊かで
素敵だと思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/