函館の夜景 穴場あり!

こんにちは! 星野陽子です(自己紹介)。

金森赤レンガ倉庫でラーメンを食べた後、函館山ロープウェイに向かいましたが、かなりの急坂を上がっていかなくてはなりませんでした。ウェッジソールののサンダルを履いていた私には、靴擦れという試練が待ち構えていました(おおげさ)。

函館は、ありがたいことに流しのタクシーも少なくなくて、いざとなればタクシーで行けそう。

でもせっかくここまで来たのだから、ロープウェイ乗り場まで行こうと思いました。

考えることはみんな同じで、山頂には多くの人達がいました。写真を撮れる場所を取れた人たちは夜景が撮れるまで動かないみたい……。後ろの人たちが手を伸ばして写真を撮っても、あの景色は撮れなそう。

修学旅行の高校生たちの引率の人が「前の方、少し譲ってもらえませんか?」と声をかけるも、全然動かず。後ろにいた私や他の人たちも「お願いします」と控えめに援護しましたが無駄でした。「この子たち、せっかく来たのに夜景見られないなんてかわいそう」とその男性が悔しそうでした。

係員の人が「譲り合ってください」とたまにおっしゃっていたので、「写真を撮ったら動くようにお願いできないんですか」と聞いたところ、「そんなこと言っても、私たちにそんな権利ないんですよ!」と怒られてしまいました。

ロープウェイは片道3分で往復1800円もするので、どんどん人を上げて稼ぐだけでなく、上野動物園のパンダみたいに「立ち止まらないで見てください」とか、立ち止まって写真を撮っても、動くようにしてくれるとか、運営をがんばってくれてもいいのに……と思いました。

ぐいぐい割り込んだり、「動くように言ってよ!」とさらに言ったりするのも気分が悪いので、違う方向の景色をみたり、


1800円以外に100円もかかりますが(いや、1800円も払ったのに夜景見られないなら、無料でいいでしょ??と内心イライラしましたが)、「はこだて夜景フルコース」という映像を観ることにしました。景色を見る場所を陣取っている人たちは夜景を撮るまで動かないでしょうから、時間をつぶそうと思ったのです。

って、誰もいないし!!


その後、4人ほど入ってきたので5人でビデオを鑑賞しました。ビデオは思ったよりずっと良くて、冬の夜景とかきれいな映像をみることができたので、満足しました。

映像が終わると、スクリーンの下の窓のカーテンが開き、そこには、陣取っていた人たちによって見られないかと思っていた、夕暮れ時の景色が広がっているではありませんか!

「え?? うそ?」「なんで??」狐につままれたような私たちに係の人が「オトクでしょ?」みたいなことをおっしゃっていました。

ガラス越しではありますが、見られないと思っていた景色を見ることができて感激しました。

その後、上に上がりますが、陣取っていた人たちは動いてませんでした。後ろの高校生たちの1人が「この下のところなら、順番に写真を撮っていますよ」と教えてくれたので、一つ下の階に行って写真を撮りました。


私も3枚ぐらい撮って次の人に場所を譲りました。譲り合いの気持ちって大切ですよねえ。

ロープウェイを降りるところでも、ガラス越しにシャッターチャンスはたっぷりありました。



5泊6日北海道の旅 Hokkaido Trip (2023年6月)1日目  First Day <函館>
五稜郭タワー Goryokaku Tower
五稜郭公園と箱館奉行所 Goryokaku Park and Hakodate Magistrate’s Office
金森赤レンガ倉庫 Kanamori Red Brick Warehouse
函館の夜景 穴場あり! Night View of Hakodate← ここ
2日目  Second Day <洞爺湖>
函館朝市 Hakodate Morning Market
洞爺湖有珠山ジオパーク Toya-Usu UNESCO Global Geopark
火山科学館と災害遺構 Volcano Science Museum and Disaster Remains
洞爺湖 Lake Toya
3日目  Third Day
旭山動物園 Asahiyama Zoo
4日目  Fourth Day
上野ファーム Ueno Farm
5日目  Fifth Day  <礼文島と利尻島>
澄海岬@礼文島 Cape Sukai in Rebun Island 
スコトン岬@礼文島 Cape Sukoton in Rebun Island
北のカナリアパーク@礼文島 Northern Canary Park in Rebun Island
神居海岸パーク@利尻島 Kamui Kaigan Park in Rishiri Island
仙法志御崎公園@利尻島 Senhoshi Misaki Park in Rishiri Island
オタトマリ沼@利尻島 Otatomari Marsh
6日目  Sixth Day <稚内>
北防波堤ドーム North Breakwater Dome
稚内公園 Wakkanai Park
ノシャップ岬 Cape Noshappu
宗谷丘陵 Soya Hills
宗谷岬 Cape Soya
JR東日本びゅうダイナミックレールパック 楽天トラベル

 

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/