3DKの部屋のリフォーム(原状回復)工事【アフター:写真と金額】

こんにちは! 星野陽子です(自己紹介)。

3DKの部屋のリフォーム(原状回復)工事【ビフォー】からの続きの記事です。

原状回復工事後の写真と金額です。

【全体的にやったこと】

・天井と壁のクロス張り替え
・木枠と巾木の塗装
・クリーニング
・コンセントプレート交換

【玄関】

・玄関土間のクッションフロア(CF)の張り替え
・玄関ドア内側の塗装

玄関扉の内側の鍵(名称忘れた💦)の取り替え

【洗面所】

・CF張り替え。
・ミラーユニットを新品に取り替え(下の洗面台の部分はそのまま)

自分で購入して物件に運び入れました。取り付けはクロス職人さんがサービスで取り付けてくれました。古いものは自分で粗大ゴミとして廃棄。

 

・換気扇を新品に取り替え

【浴室】

・換気扇を新品に交換

【キッチン】

・レンジフード(89,000円+税)と天井の照明器具は新品に取り替え
・キッチンユニットはそのまま。でも表面にダイノックシートとか貼った方がよさそう。

写真ではシンク上の照明器具のスイッチひもが取り換えられていませんが、交換しました。

・キッチンユニットの横の床が汚かったのですが、クッションフロアを貼ってくれたようです。これで床を張り替えたりしないで済んだのでありがたいです。

【和室】

・洋室に変更
・畳からフローリングに取り替え(処分費なども入れて約17万円)
・エアコンを新品に取り替え
・カーテンレールと照明器具を新品に取り替え

・襖(ドアと押入れ)を洋室用の建具3枚に変更(襖の処分費も入れて税込97,350円)
もう少し安くする方法があったかも?

【南側の洋室】

・ガスエアコンを電気のエアコンに交換
・少しだけ高いけれどもおしゃれな照明器具を取り付け
・カーテンレールを新品に取り替え

【北側洋室】

・カーテンレールと照明器具を新品に取り替え。
・建具を木口テープで補修。

* エアコンや照明器具は安さばかりを追求していません。キッチンユニットとユニットバスと元々洋室のフローリングは変更していません。

トータルで約100万円かかりましたが、事情があり、敷金を含む預り金20万円を使ってもいいとのことでした。

80万円を家賃で回収するとなると約11か月かかってしまいますが、築30年以上のお部屋ですし、退去した方は私がこの物件を買ったときからずっと住んでくださっていましたし、この部屋に入居されるのは、同じ物件の別の部屋からの移動で、やはり長く住んでくださっている方なので高く感じません。

この部屋に住む方が快適に住んでいただけるよう願っています。

月に一度程度の配信の無料メルマガでは、私自身のお金の運用、最近興味のあること、イベント情報などを書いています。よかったらご登録ください。

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/