【徳島二泊三日の旅】阿波池田うだつの家・たばこ資料館

こんにちは! 星野陽子です(自己紹介)。

時間があったら、JR穴吹駅で下車してタクシーで10分のところにある「うだつの町並み」を見に行きたかったのですが……。

うだつ(卯建)とは
「江戸時代の民家で、建物の両側に「卯」字形に張り出した小屋根付きの袖壁。
長屋建ての戸ごとの境にもうけたものもあり、装飾と防火を兼ねる。」(広辞苑 第六版)
当初は防火の目的で造られましたが、設置に多額の費用を要したことから装飾の意味が強くなり、次第に富や成功の証の象徴となっていきました。(美馬市のHPより引用)

「うだつが上がらない」とは、よく聞く言葉で、ぱっとしないという意味だと思っていました。
 
広辞苑によれば
「出世ができない。身分がぱっとしない。
富裕の家でなければうだつを上げられなかったことから転じたといわれる。」
ということで、うだつを見てみたいと思いました。

阿波池田駅に12時22分に着いたので、12時59分の電車に乗るまでの間に、阿波池田うだつの家を見に行くことにしました。

迷わずに早く着けたので、たばこ資料館も見ることにしました。

外廊下、素敵!

 

 

たばこ資料館、思ったより立派でした(失礼)。

 

時間がないからざっと見ましたが、興味深い資料がたくさんです。

 

阿波池田駅から電車に乗ると、徳島駅に着くのは16時頃なので、阿波池田駅のセブンイレブンでおにぎりをひとつ買って、構内で慌ただしく食べました。

https://www.city.mima.lg.jp/kanko/map/list/11506.html

徳島二泊三日の旅

1日目:羽田空港→徳島阿波踊り空港→大歩危駅に移動
2日目:大歩危峡
          祖谷(いや)のかずら橋
          阿波池田うだつの家・たばこ資料館 ←ここ
          霊山寺と徳島ラーメン「麺王」と徳島眉山天神社
3日目:セルフうどん「やま」と渦の道
     大塚国際美術館 

今回は楽天トラベルで予約しました。ANA楽パックのクーポンと全国旅行支援で18,500円お得でした! 楽天トラベル

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/