米塚と阿蘇山の火口見学

こんにちは! 星野陽子です(自己紹介)。

熊本空港からレンタカーで旅行しました。

「阿蘇山」とカーナビに設定し、示されたルートで走行すると、道の途中で見えてきたのは、かわいらしい米塚(こめづか)でした。

高さ約80mの米塚は約3300年前の噴火で形成されたと言われています。

さらに進むと草千里ヶ浜(くさせんりがはま)が見えてきました。車を有料の駐車場に停めて、草千里ヶ浜を歩き、阿蘇山の火口から上がる煙をながめました。

坂を少し上がって、火口を見ようとしますがよく見えません。

さらに車で阿蘇山火口至近のところに移動しました。火山ガスが出ているので「喘息、気管支疾患、心臓疾患、隊長不良」の人の火口見学は禁止だそうです。それらに当てはまらないか聞かれた後、料金所へ向かいました。

緑が光っています。少し緊張します。

突然の噴火に備えてか、シェルター?があります。

火口がこんなに近くで見ることができるなんて! 火口の迫力に圧倒されました。

2泊3日の九州旅行 Kyushu Trip (2023年5月)

1日目 First Day
初めてのレンタカー Rent-a-car for the first time in my life
米塚と阿蘇山火口 Komeduka and Aso Mountain ← ここ here
高千穂神楽 心地よく見る方法 Takachiho Kagura

2日目 Second Day
高千穂峡で貸しボート Takachiho Gorge Rental Boat
荒立神社 Aratate Shrine
天岩戸神社 Amanoiwato Shrine
黒川温泉 Kurokawa Onsen

3日目 Third Day
やまの湯@黒川温泉 Yamano-yu@Kurokawa Onsen
くじゅう花公園 Kuju Flower Park
熊本城 Castle

JR東日本びゅうダイナミックレールパック 楽天トラベル

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。