【開催報告】アートで投資

マネサロ主催の「アートで投資」のセミナーで、タグボートの徳光健治さんにお話をしていただきました。

教養として知っておきたい現代アートですが、マルセル・デュシャンのこちらの作品がもっとも重要な意味を持っています。

既製品の便器にサインをしただけの「泉」という作品です。

デュシャンが発明したのは「考え方をアートにした表現方法」(コンセプチュアル・アート)で、それ以降、芸術家は新たな発想を模索するようになりました。

徳光さんがおっしゃっていたのは

・価値のあるコレクションには教養が必要

・コレクションにはビジネス視点が必要

そして、徳光さんは作品よりはアーティストを見ていらっしゃるそうです。

私が残念だと思ったのは日本人があまりアートに投資していないことです。米国、英国、中国で現代アートの市場が拡大しています。

アーティストもギャラリストも美術評論家もコレクターも美術館もオークションハウスもつながっていて、ユダヤ人によってシンジケートが作られているとのこと。

ユダヤ人は仕組みを作るのが本当に上手ですね!

セカンダリー市場で流通する作品を、しかるべきところから買えば、5年とか10年後には値上がりが期待できそうかと思いました。

セミナー後のランチ会では、徳光さんに質問がたくさん出ました。アーティストやアーティストを応援している人や投資家を含むご参加の方々がとても喜んでくださいました。

オンラインサロン「マネサロ」でセミナー音声を聞いていただけます(2019年12月下旬まで)。この機会にぜひご入会ください。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/