現金の価値下落に対処できる「価値を保つ資産」とは?

こんにちは! 星野陽子です(自己紹介)。

現金の価値の下落が顕著です!

せっかく働いて得たお金を価値を下げずに持っていたいですよね? そのために私がしていることやこれからしようとしていることを 書きます。

現金の価値が下がっている

実は現在、現金は大幅に目減りしています。価値を失っているということです。例えば、金の価格は、3年で45%値上がりしました。これは、現金100万円の価値が、68万円に目減りしていることを意味します。日本の株(日経平均)においては、3年で38%値上がりしました。現金100万円の価値が、72万円に目減りしているわけです。ビットコインに関しても見ておきます。価格は3年で720%値上がりしました。現金100万円の価値が、14万円に目減りしているのです。

『世界の歴史に学ぶ バブル』本田健 (2021年3月28日配信 本田健書店Vol. 15)

新型コロナウイルスが原因で、打撃を受けている企業や個人に対して、給付金、補助金、助成金、融資などお金が出されていますが、実際に困っているところももちろんあるのですが、「利子なしで借りられるのなら借りて株や不動産を買おう!」と思う人たちもいます。

金融緩和がされているので市場にお金があふれ、株価が上がったりしていると言われています。一方、たくさん刷られている現金の価値が下がってきています。

現金下落への私の対処方法

そこで私は現金を株、不動産、金(ゴールド)、ビットコインなどの暗号資産、車、絵画などに換えて持つようにしています。

安全資産としての金(ゴールド)

 

現金以外の資産にもリスクやコストなどがある

ただ、それらのものにはそれぞれリスクやコストなどがあり、逆に損をすることもあります。一体どうやったら価値を下げずに資産を保有できるのでしょうか。

私が考えているのは

■ひとつには、学んで知識を得て、損をなるべく避けること。

■もうひとつは、そうやって学んだとしても、たとえば、暗号資産や絵画やスタートアップ企業への投資は当たる確率がそれほど高くないので、分散しておくこと。

専門家の話によれば、絵画では、選んで購入した10個のうち1個当たるとか、スタートアップ企業は投資した10社のうち1社が上場するというレベルとのことです。

「オークションからみた趣味と実益を兼ねたコレクタブルズのリセールバリュー講座」

今月(2021年4月18日)には、主宰しているオンラインサロン「マネサロ」が「オークションからみた趣味と実益を兼ねたコレクタブルズのリセールバリュー講座」を開催します。私が知りたい「価格を維持できる(さらには価格が高騰する)モノ(時計、ジュエリー、ウイスキーなど)」に関してお話していただける予定です。現在、参加者募集中ですので、ご興味ある方は詳細をご覧ください。

https://luxuryseminar210418.peatix.com/

 

無料のメルマガは、月に一度お送りしています。ご登録いただけると嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも7億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。 東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』『お金の不安から自由になって幸せな女になる』がある。オンラインサロン「マネサロ」主宰 http://yymsalon.jp/wp/